就労準備支援事業について

就労準備支援事業は、生活困窮者自立支援法に基づき、福岡市が委託して行っている事業です。

「ひきこもっていた期間が長く、すぐに働く自信がない」
「働きたいが、どうしたらよいかわからない」
「すぐに就職するのではなく、少しずつ段階的に準備をしたい」
「コミュニケーションに自信がない」

などの日常生活に悩みを抱えている方に対して、それぞれの状況に応じた支援プログラムを作成し、様々な不安を解消しながら、就労に向けた支援を行います。

利用方法

就労準備支援事業を利用するためには、福岡市生活自立支援センターにおいて支援を受けている必要があります。
福岡市生活自立支援センターでは、相談者と事業所の意向を踏まえた上で、支援プランを作成します。
就労準備支援事業の利用を希望される方は、まずは当センターへご相談ください。

内容

就労準備支援事業のプログラムの一例

  • 1. 日常生活自立支援プログラム

    まずは、就労準備支援事業所へ通うところから始めましょう。
    就労準備支援事業所は各区に1か所ずつありますので、お近くの就労準備支援事業所に通いながら、外出する機会を増やし、セミナーなどに参加してみましょう。
    例えば、「食育セミナー」を受講すれば、食生活のバランス改善や、食費の節約に役立てることができます!

  • 2. 社会生活自立支援プログラム

    地域の神社や公園の清掃活動、農業体験などに参加してみましょう。
    日光を浴びながら少し体を動かして、「暑い!」「寒い・・・」「気持ちいい~!」を五感で感じる・・・。
    きっと楽しい時間になるでしょう。
    農業体験は、市内3か所の農園を利用して実施します。
    土壌作りから季節に応じた野菜の種まき、苗の植え付け、収穫までを体験できます。
    さらには、収穫したたまねぎを使用した万能ソースの製造販売も行っていますから、スタートからゴールまでを見届けることができます。

    農業体験についてはこちらもご覧下さい。

  • 3. 就労自立支援プログラム

    履歴書作成セミナーやパソコンセミナーを受講してみましょう。
    「仕事に就く」イメージを持つために、職場体験も用意しています。
    きっと新たな不安も生じるかと思いますが、フォローしますので、しっかりと向き合い、少しずつ仕事に慣れていきましょう。

就労準備支援プログラムカレンダー

ページトップへ